第140回 ビジョナリーカンパニーZERO

世界1,000万部超ベストセラーシリーズ「ビジョナリー・カンパニー」の原点本。1992年に著者のジム・コリンズが記し、日本語訳されずにいた伝説の一冊の改訂版が今年発売されました。ネットフリックスのCEOも「本書は誰よりもどの本よりも、私のリーダシップを一変させてくれた。10年以上この本を読み返した。起業家なら、86ページ分を暗記せよ」と言うほどシリーズの中でも最高の一冊と評する起業家が多い一冊です。特に人材の重要性について多くのページを割いて書かれています。

たとえば第2章は「最高の人材がいなければ最高のビジョンに意味はない」というタイトルで、企業が追跡すべきもっとも重要な指標は、売上高や利益、資本収益率やキャッシュフローではない。バスの重要な座席のうち、そこにふさわしい人材で埋まっている割合だ。適切な人材を確保できるかにすべてがかかっている」など、経営において人材の重要性を説いています。

優秀な人材さえいれば、どんな事業をしてもたいていは成功するとも言われています。時代が変遷しても変わらない普遍的で大切な考え方はそのままに、時代に合わせてアップデートもされている一冊で、人事担当者は必読です。