人事コラム

第96回 履歴書やエントリーシートの提出は、内定後で十分。

知名度で勝負できない企業様が採用活動を成功させるためには、学生との出会いの初期段階で、高いハードルを課さないことが何よりも大切です。学生の志望度は、選考を進めていく過程で戦略的に高めていくものです。エントリーや会社説明会の段階では、学生は「とりあえず話を聞いてみよう」というレベルです。選考を受けにきたとしても、他にも多くの企業を受けていて、その中の1社に過ぎません。そんな状態からでも、戦略的に選考を重ねることで、最初はその他大勢の一社に過ぎなかったのが、最終面接終了後には、「この会社しかない」と思わせることもでき、それこそが採用担当者としての腕の見せ所です。

しかし実際には、個別説明会の後に履歴書を郵送させるケースや1次選考時に持参させている企業様が多くいらっしゃいます。出会ったばかりでまだ志望度が高まっていない学生にとって、志望動機を書く壁は非常に高く、志望順位の高い企業にしか履歴書を出せていないのが実情です。せっかく出会った学生と、履歴書を要求したことが原因で、お別れしてしまうのは非常にもったいないことです。

では、どうすればいいか。個別の説明会終了後のアンケートに、簡単な自己紹介の項目を入れておき、自己PRや学生時代頑張ったことなど、あらかじめ学生が回答を考えていることだけを書かせます。写真が必要な場合は、写真だけを持参させます。その書類を基に次回以降の面接をします。そして最終面接時、もしくは内定を出した後、ここでようやく提出をしてもらいます。内定後の場合は、「入社を承諾してくれるなら、履歴書を提出してください。志望動機など、迷うことがあれば一緒に考えましょう」と伝えます。提出があれば、承諾後の辞退の確率も非常に低いでしょう。逆に提出が遅れたり、志望動機について相談があれば、悩んでいる証拠です。スグにフォローを入れ、自社との接点や入社後のイメージ、期待していることなどをしっかり伝えてください。その対応や言葉に学生の心は魅かれ、承諾へと心が動いていきます。